製菓専門学校へ行こう!

製菓専門学校の情報はここから!

スィーツ好きが高じて、パティシエやショコラティエといった仕事に就きたいと思っている人も少なくはないでしょう。
製菓店に就職してから、製菓について勉強することもできますが、やはり菓子職人やパティシエになるための知識や技術をしっかり学べる、教育訓練施設である製菓専門学校が最適です。
いわゆるお菓子教室といった小規模なところから知名度のある規模の大きい専門学校などがあります。
また、製菓衛生師法で定められている製菓衛生師の国家資格を取得も目指せます。

技術と知識はココで学ぶ!製菓専門学校をわかりやすく解説します

技術と知識はココで学ぶ!製菓専門学校をわかりやすく解説します 製菓のプロになるには、短大や職業高校、製菓専門学校で学ぶことが大切です。
全国には数多くの製菓専門学校があり、それぞれの学校によって、用意されている学科やコースが異なります。
多くの場合、洋菓子・和菓子・パンと専門学科が分けられていて、昼間部と夜間部を設けている学校もありますので、昼間働きながら学ぶことができるのもポイント。
いずれも現場で求められるあらゆる技術を身に付けられるカリキュラムで、1年次には基本を学び2年次には、その応用技術を習得していきます。
製菓専門学校で指導にあたる講師陣も、第一線で活躍中のプロや業界で経験豊富な職人など外部講師を招いていることがほとんどなため、最新のレシピとハイレベルな技術を習得できるのも魅力のひとつです。

製菓専門学校で学べることは大きく分けて学科と実習の2つ

製菓専門学校で学べることは大きく分けて学科と実習の2つ 製菓専門学校で学べることは大きく分けて、学科と実習になります。
学科とは理論や教養を学びますが、生理学や法定伝染病などの病理学から国家資格の製菓衛生師免許を取得するための衛生法規を含めた範囲です。
内容のほとんどが中学・高校までに学んできたことが基本になりますが、世の中の情勢の変化に伴って法律の改正にも大きく影響されますから最新の学習が必要になります。
学科の学習の中には、いずれ自分でお店を開業することを考えている人には必ず必要になる開業届けや店舗の作り方、売上とコストについての学習も含まれます。
実際に店舗を開業させるための資金の調達や売上と利益の数字をシミュレーションするため、経営者としての知識も身につけることになります。
実習では、実際に調理をして工程を学びます。
製菓専門学校によって違いはありますが、1年間で専門的に学習することもあれば2年のカリキュラムが組まれていることもあります。
パティシエを目指している人や実家の家業を継ぎたい人など様々ですが、洋菓子・和菓子・製パンなど、どの専門課程を選んでもこの3つの実習は必ず行うことがほとんどです。
また、洋菓子専攻を考えていた人が実習で和菓子作りを経験して専攻を変えたという人もいるので、実習をしてからその魅力に気づくこともあります。

製菓専門学校で受けられる学生向けのサポートとは

専門学校は、一種の職業訓練所という顔も持っています。その名前の通り、各職業に必要なスキルをしっかりと身に付けられるからです。土木・写真・イラストなどさまざまな教育を実施しているところがありますが、そのひとつに製菓専門学校というものもあります。
ここではパンやケーキを作る技術を学べ、独立してお店を持ちたいという方が通うには打って付けでしょう。簡単に、製菓専門学校で受けられる学生向けのサポートについて見ていきます。大半の学校が高校を卒業してから2年間の在籍期間となり、その後は就職を目指します。パティシエという形で就職先を探すわけですが、そのサポートを製菓専門学校で依頼できるわけです。
まずは研修から実際に採用へとステップを進めるための施設を斡旋されており、個人で職場を見つけるよりも迅速に確保ができます。学校の推薦を得ることができ、ハローワークなどを利用して見つけるよりお断然、採用もされやすいわけです。

製菓専門学校の専門課程で必要となる技量と費用

一般的な専門学校は、高校を卒業してから2年間在学をすることになります。その後は卒業してそれぞれが希望する会社に就職をしますが、一部優秀な成績を持っている方は専門課程に進学をしてさらに高見を目指せます。ここでは、製菓専門学校の専門課程にスポットをあてて詳しい概要を見ていきましょう。
製菓専門学校ではパンやケーキの作り方を学べ、将来はパティシエとして独立をする方を支援しています。ここの専門コースでは指導者を育成されており、講師になれる人材を目指せるというわけです。進学に必要な技量は通常の成績を常にAでおさめており、課題も最高点をマークされた方のみです。
特待生であれば1年間の在籍期間に発生する学費は免除されますが、一般学生なら約50万円が必要です。学費のみを見ると、本科に必要な費用とかわらないので、1年間余分に勉強をすると考えるのが妥当です。卒業後は学校に残って、アシスタント業務を担当できるのが特徴になります。

もっと製菓専門学校の情報を探すなら

大阪の製菓専門学校を探そう

Copyright (C) 2020 製菓専門学校へ行こう!. All Rights Reserved.