製菓専門学校へ行こう!

製菓専門学校の情報はここから!

スィーツ好きが高じて、パティシエやショコラティエといった仕事に就きたいと思っている人も少なくはないでしょう。
製菓店に就職してから、製菓について勉強することもできますが、やはり菓子職人やパティシエになるための知識や技術をしっかり学べる、教育訓練施設である製菓専門学校が最適です。
いわゆるお菓子教室といった小規模なところから知名度のある規模の大きい専門学校などがあります。
また、製菓衛生師法で定められている製菓衛生師の国家資格を取得も目指せます。

技術と知識はココで学ぶ!製菓専門学校をわかりやすく解説します

技術と知識はココで学ぶ!製菓専門学校をわかりやすく解説します 製菓のプロになるには、短大や職業高校、製菓専門学校で学ぶことが大切です。
全国には数多くの製菓専門学校があり、それぞれの学校によって、用意されている学科やコースが異なります。
多くの場合、洋菓子・和菓子・パンと専門学科が分けられていて、昼間部と夜間部を設けている学校もありますので、昼間働きながら学ぶことができるのもポイント。
いずれも現場で求められるあらゆる技術を身に付けられるカリキュラムで、1年次には基本を学び2年次には、その応用技術を習得していきます。
製菓専門学校で指導にあたる講師陣も、第一線で活躍中のプロや業界で経験豊富な職人など外部講師を招いていることがほとんどなため、最新のレシピとハイレベルな技術を習得できるのも魅力のひとつです。

製菓専門学校で学べることは大きく分けて学科と実習の2つ

製菓専門学校で学べることは大きく分けて学科と実習の2つ 製菓専門学校で学べることは大きく分けて、学科と実習になります。
学科とは理論や教養を学びますが、生理学や法定伝染病などの病理学から国家資格の製菓衛生師免許を取得するための衛生法規を含めた範囲です。
内容のほとんどが中学・高校までに学んできたことが基本になりますが、世の中の情勢の変化に伴って法律の改正にも大きく影響されますから最新の学習が必要になります。
学科の学習の中には、いずれ自分でお店を開業することを考えている人には必ず必要になる開業届けや店舗の作り方、売上とコストについての学習も含まれます。
実際に店舗を開業させるための資金の調達や売上と利益の数字をシミュレーションするため、経営者としての知識も身につけることになります。
実習では、実際に調理をして工程を学びます。
製菓専門学校によって違いはありますが、1年間で専門的に学習することもあれば2年のカリキュラムが組まれていることもあります。
パティシエを目指している人や実家の家業を継ぎたい人など様々ですが、洋菓子・和菓子・製パンなど、どの専門課程を選んでもこの3つの実習は必ず行うことがほとんどです。
また、洋菓子専攻を考えていた人が実習で和菓子作りを経験して専攻を変えたという人もいるので、実習をしてからその魅力に気づくこともあります。

製菓専門学校で受けられる学生向けのサポートとは

専門学校は、一種の職業訓練所という顔も持っています。その名前の通り、各職業に必要なスキルをしっかりと身に付けられるからです。土木・写真・イラストなどさまざまな教育を実施しているところがありますが、そのひとつに製菓専門学校というものもあります。
ここではパンやケーキを作る技術を学べ、独立してお店を持ちたいという方が通うには打って付けでしょう。簡単に、製菓専門学校で受けられる学生向けのサポートについて見ていきます。大半の学校が高校を卒業してから2年間の在籍期間となり、その後は就職を目指します。パティシエという形で就職先を探すわけですが、そのサポートを製菓専門学校で依頼できるわけです。
まずは研修から実際に採用へとステップを進めるための施設を斡旋されており、個人で職場を見つけるよりも迅速に確保ができます。学校の推薦を得ることができ、ハローワークなどを利用して見つけるよりお断然、採用もされやすいわけです。

製菓専門学校の専門課程で必要となる技量と費用

一般的な専門学校は、高校を卒業してから2年間在学をすることになります。その後は卒業してそれぞれが希望する会社に就職をしますが、一部優秀な成績を持っている方は専門課程に進学をしてさらに高見を目指せます。ここでは、製菓専門学校の専門課程にスポットをあてて詳しい概要を見ていきましょう。
製菓専門学校ではパンやケーキの作り方を学べ、将来はパティシエとして独立をする方を支援しています。ここの専門コースでは指導者を育成されており、講師になれる人材を目指せるというわけです。進学に必要な技量は通常の成績を常にAでおさめており、課題も最高点をマークされた方のみです。
特待生であれば1年間の在籍期間に発生する学費は免除されますが、一般学生なら約50万円が必要です。学費のみを見ると、本科に必要な費用とかわらないので、1年間余分に勉強をすると考えるのが妥当です。卒業後は学校に残って、アシスタント業務を担当できるのが特徴になります。

製菓専門学校の技術を学べる授業に注目する

お菓子作りが好きで、将来はお菓子作りの職人や工場で働けるように技術や知識を身に着けたい方もたくさんいます。製菓専門学校の中には、就職に強く、調理の技術もしっかりと学べる学校もあるため、集中して就職するまでに必要なスキルを身に付けることをおすすめします。集中して学ぶことができる環境を見つける事も重要ですし、講師が有名な人で高い技術を学べるチャンスのある製菓専門学校を探すことをおすすめします。学校見学をするなど、進学する前に情報を集めることができる機会があるため、授業の見学など、情報を集めることも重要になります。和菓子作りなど、高いスキルが必要になるお菓子作りもあるため、練習をすることができるだけではなく、改善点をアドバイスしてくれるなど、技術を持った講師の指導はとても大切です。わかりやすく指導できる講師を見つける事で、難しい技術でも練習を続けながら習得を目指すことができる点にも注目することをおすすめします。

製菓専門学校は資料請求をして情報を集められる

製菓専門学校への進学を検討する方は、いろんな専門学校がある中で、決める必要があります。自宅から通える範囲で探す方もいますし、カリキュラムを魅力に感じて県外への進学を考える方もいます。製菓専門学校によってそれぞれ特徴があるため、学校のことをきちんと知ってから申し込むことができるように、情報収集を進めることをおすすめします。ネットから専門学校の資料請求をすることができるため、資料をチェックしながら比較をして決めることが重要です。パンフレットでたくさんの写真をチェックすることができたり、先輩へのインタビュー記事を参考にすることができるなど、学校での学びをイメージしやすくなります。学費のことも真剣に考えていく必要があり、資料請求をすることにより、お金に関する情報をチェックすることができる点にも注目です。分厚い資料が送られてくることもあり、細かなところまで読んでいき、大切な進路を考えていくことができます。

製菓専門学校なら実社会により近い場所で成長できる

製菓専門学校は洋菓子作りに必要とされる知識や技能を習得するための学校です。衛生に関する知識や材料の特性を学び、実習で技能を獲得し卒業後はプロのパティシエとして製菓業界に就職することを目指します。学校によっては学生を中心としてショップを運営するところもあり、直接客と接することで将来自分の店をもちたいと考えている学生の成長を促します。製菓専門学校は1年制課程と2年制課程があり、1年制課程は最短でお菓子作りの道に進めますが、2年制課程の方が高度な技術や知識を取得できるため就職の幅が広がります。製菓衛生師の資格取得も2年制の方がカリキュラムに余裕がありますし、ショコラティエを目指す、商品開発に携わるために海外研修が必要な場合も2年制の方が時間を組みやすいです。一般的な専門学校と比較して製菓専門学校は実社会により近いところで学べることが特徴です。実習により多くの時間をさく学校が多いことからも、さまざまな実践を積み重ねることでスキルアップを目指しているといえます。

製菓専門学校は菓子作りの基礎を学べる場所

スイーツブームが長く続いていますが、その影響もあって自分の個性が光るスイーツを作って販売したいと考えている人も多いようです。お菓子作りは好きだけど、もっと専門的に勉強したいと考えているなら製菓専門学校に入学して基礎から学んでいくのもよいでしょう。一般的な料理学校とは違い、製菓専門学校の場合は専任の講師や現役パティシエが指導してくれますから実際の店舗を経営した時の実体験なども聞けます。また、テレビ番組では絶対に教えてもらえないことや、業務用のレシピでの実習もありますから経験を積む前の基礎にはもってこいの環境です。夢をもっていても現実を考えると躊躇してしまうことが多い中、専門的な学校で学べることは大変有意義です。製菓専門学校には1年コースや2年コースがあり、2年制の場合は専攻が選べるのでフランス菓子だけでなく和菓子やドイツ菓子のような歴史があるお菓子を専門的に勉強できます。製菓専門学校は自分の視野を広げられる場所ともいえます。

パティシェ製菓専門学校を選ぶポイントはここ

パティシエになりたい人が、製菓専門学校を選ぶにはポイントがあります。卒業生がどんな進路があるのか、担当者に聞いてみましょう。できれば、学校見学やオープンキャンパスに参加して、求人情報を見せてもらうのがおすすめです。学校のカリキュラムについても、確認しておく必要があります。専門学校は実習が中心となるので、設備は必ずチェックします。最新設備を取り入れ生徒が作った製菓を販売できるチャンスがある学校は、人気があります。コンクールや大会に出場する生徒さんが多いと、モチベーションのアップにもなります。 製菓専門学校は、一般的な専門学校より学費が高いケースもあります。授業で使う食材費が必要だったり、最新設備を導入するためなので学費の内訳をみて判断することが大切です。 専門学校の周辺や最寄り駅、近辺の環境も見ておくと便利さがわかります。食堂がなければ、コンビニを利用することになります。学校の近くにコンビニがないと、不便です。学生寮やアパートを借りる可能性がある人は、提携している学校があるかどうかも確認します。

製菓専門学校で専門的に勉強してからのカフェ開店

カフェを開店したいと考えた時、まず何をすればよいのでしょう。特に資格が必要というわけではありませんが、スクールなどで開店についての講習を受けるだけでも開業はできます。ただし、保健所への申請や店舗選び、内装、メニュー作り、経営、資金の準備などやることは山ほどあるのです。これをどこかで勉強するとすればスクールでも十分という意見もありますが、できれば法律も含めた店舗開業と専門的なメニュー開発が学べる製菓専門学校へ入学する方がよいでしょう。専門学校ですから卒業後に国家試験も受験できる上、製菓衛生師の資格を取得すれば店舗開業の時に店先に資格取得の免状を飾っておくこともできます。おしゃれなカフェであればそれでよいというわけではなく、製菓専門学校を卒業しているという安心感をもった店舗であることを売りにもできます。単純に盛りつけがおしゃれ、内装が素敵というわけではなく、本格的なメニューで評価される店舗であることが長続きをさせるコツでもあるのです。

パティシエを目指すために製菓専門学校に行くことにはメリットがあります

パティシエを目指すとなった場合には、いくつかの道のりがありますが、その一つに製菓専門学校に進学することが挙げられます。中には大学への進学とどちらが良いのだろうと迷っている人も多いかもしれませんが、製菓専門学校に進学することには数多くのメリットがあると言えるでしょう。 その一つに挙げられることは、より実際の現場に近い環境である点が挙げられます。卒業までの2年間を実習をメインとしたカリキュラムを組んでいる専門学校であれば、大学とは違い、毎日の授業の中で調理方法や器具の扱い方、効率の良い作り方などを覚えることができます。専門学校の場合には、実際に手を動かして多くの経験や技術を身に付けることに重点を置いています。卒業した後に就職した先で即戦力になれるような人材を育成することが専門学校の目的となっているので、毎日の授業も現場で通用するようなレベルを目指せるものとなっています。また業界とのつながりも強いので、就職の際にもチャンスが広がります。

もっと製菓専門学校の情報を探すなら

大阪の製菓専門学校を探そう

Copyright (C) 2020 製菓専門学校へ行こう!. All Rights Reserved.